育毛剤

育毛剤の正しい使い方!薄毛を改善するためのたった2つのポイント

育毛剤の正しい使い方!薄毛を改善するためのたった2つのポイント

男性型脱毛症などで薄毛に悩んでいる男性は多くいらっしゃいます。薄毛を気にし始めたり、予防したいと考えたりしている男性の、身近な対策として気軽に使い始められる育毛剤。しかし、育毛剤を使ってもなかなか効果がでなくてお悩みではないですか?実は、正しい育毛剤の正しい使い方が出来ていないからかもしれません。

この記事を読んで、育毛剤を使い始めるタイミング・使う時間帯・使用方法や、タイプ別のおすすめ育毛剤、育毛剤の効果を発揮するケア方法などがわかれば、育毛の効果を実感できるでしょう。早い人であれば3ヶ月程度で育毛の効果が感じられるようです。今回は、気になる育毛剤の、正しい使い方についてお話していきます。

育毛剤のタイプ別使用方法

育毛剤には様々なタイプの製品があります。薄毛の気になっている範囲や使いやすさ、使用感の好みなど、色々な選び方があります。

スプレータイプ

育毛剤の使いやすさとしては、断トツの人気があるスプレータイプ。その特徴をご紹介します。

頭皮にまんべんなく噴射

スプレータイプの最も特徴的だと言えるポイントは、頭皮にまんべんなく噴射して行きわたらせやすいことです。広範囲への噴射でも手が汚れにくく、人気があります。

広範囲の薄毛に悩んでいる方向け

スプレータイプの育毛剤は、広範囲の頭皮に直接、まんべんなく噴射しやすい特徴がありますので、広範囲の薄毛に悩んでいる方におすすめです。

直接塗るタイプ

直接塗るタイプの育毛剤には、液状のタイプやクリーム状のタイプなどがあります。液ダレしにくく使いやすいことで人気があります。

ピンポイントで塗布できる

直接塗るタイプは、薄毛が気になる部分の頭皮を選んで使用しやすく、ピンポイントにしっかりと塗布することができます。クリームタイプなどは液ダレしにくく、気になる部分にしっかりと浸透させやすいことや、慣れていない人でも使いやすいといった特徴があります。

部分的に薄毛がある方向け

直接塗るタイプの育毛剤は、ピンポイントに部位を絞って使用しやすいという特徴があるので、薄毛が部分的に気になっている方におすすめです。

育毛剤を使い始めるタイミング

育毛剤は、予防を主な目的とした製品であるため、多くの場合、薄毛に悩んでからの使用では遅いと言われています。ここで言う「早めに」とは、薄毛に悩みだす前や悩みだした初期ごろから、使用を開始することが望ましいと言われているのです。具体的な開始時期として、次のような考え方があります。

効果を実感したいイベントから逆算して考える

一般的に、男性が薄毛を自覚して悩み始めるのは、30歳以降が多いと言われているのに対し、家族や身近な人が気が付いて、その人たちから指摘を受けるのは20歳代後半~30歳代前半頃が多いと言われています。

この通り、自分で自覚をするより少し早い時期、20歳代中ごろからの使用が望ましいとされています。また、育毛剤は作用が穏やかで、長く使う必要があると言われています。多くの場合、育毛剤の効果を実感するまでに、少なくとも1~3ヶ月程度の期間がかかると言われており、長い人では1~3年ほどの期間がかかる場合もあるようです。

そのため、例えば旅行を予定している、結婚式を控えているなど、効果の実感を得たい・目指したい時期に向けて、早めに使用を始めておく必要があるようです。

育毛剤は最初の薄毛ケアにベスト

育毛剤は、医薬部外品として、ドラッグストアやネットショップなどでも手軽に入手することができます。そのため、あまり人には相談したくないといったことや、人知れずケアを始めたいといった場合などにも、購入しやすいことがメリットとなります。

また、副作用のリスクが低いことから、気軽に使用を始められるため、薄毛が気になりだした初期の薄毛ケアにおすすめです。ただ、育毛剤でも全く副作用が起きないということではありません。

育毛剤によっては、刺激の強い成分や添加物、自分に合わない成分などによって、炎症を起こしてしまうリスクも少なからずありますので、育毛剤に使用されている成分や安全性を確認して選びましょう。

育毛剤を使う時間帯

では、育毛剤を使用する正しい時間帯はいつでしょうか? 多くの場合、育毛剤は、基本的に1日2回の使用がおすすめされています。(※育毛剤によっては、1日1回の使用方法となっているものもあります。)また、説明書きに使用回数が記されている場合などは、その商品の使用方法を守りましょう。

夜(お風呂上がり)

育毛剤を使用する前に、頭皮を清潔にしておくことが大切です。 頭皮が汚れていたり皮脂が多すぎる場合には、育毛剤の成分が浸透する妨げになってしまいます。夜、入浴などで洗髪をしたあと、頭皮が清潔な状態で育毛剤を使用しましょう。

朝起きたら

朝、起床後すぐ、頭皮が汚れる前に育毛剤を使用します。朝に洗髪をしている人であれば、洗髪後の清潔な頭皮に使用しましょう。

育毛剤の正しく使用する2つのポイント

次に、育毛剤の正しい使い方についてお話していきます。育毛剤は正しい使い方で使用しなければ効果を得られないと言われていますので、参考にしてくださいね。

髪の毛につけるのではなく頭皮に直接つける

育毛剤は、髪の毛ではなく頭皮に浸透して作用します。髪の毛に馴染ませるのではなく、きちんと頭皮に直接塗布し、行きわたらせましょう。このとき、一生懸命に塗布したり行きわたらせたりしようとするあまり、強く摩擦してはいけません。強い摩擦や刺激は、頭皮や髪の毛ににダメージを与え、抜け毛の原因にもなってしまいます。 やさしく馴染ませていきましょう。

分け目をつくってつけ、自然乾燥させる

育毛剤を頭皮に直接塗布して行きわたらせるコツは、髪の毛を小分けにして分け目をつくり、地肌につけやすくすることです。また育毛剤を塗布したあとは、すぐにマッサージをするようなことはせず、自然乾燥させて浸透を待ちます。

育毛剤の効果を出すための頭皮環境の整え方

育毛剤をより効果的に使用するために、頭皮や頭髪のケアにも気を配りましょう。シャンプーのやり方と髪の毛の乾かし方、そして頭皮のケア方法について詳しくご説明してまいります。

シャンプーの方法

まずは、頭皮や頭髪の基本的なケアであるシャンプーについて、正しい2つの方法をお話します。

ホコリを落とす

シャンプーを始める前にブラッシングをして、汚れやホコリを頭皮から浮かせ、ある程度落とします。また、シャンプー剤を塗布する前に、ぬるま湯で頭皮を良く洗い流します。このぬるま湯の洗浄で、頭皮や髪の毛の汚れの大部分は流れ、この後のシャンプー剤の泡立ちも良くなります。

皮脂を落とす

シャンプーは、髪の毛をこすり合わせるのではなく、頭皮を洗います。濡れた髪の毛同士をこすり合わる洗い方は、髪の毛を傷める原因となりますので避けましょう。また、頭皮を洗うときにも、指の腹を使ってやさしく洗います。強く頭皮を摩擦すると、頭皮を傷つけたり抜け毛の原因となったりしますので気をつけましょう。

皮脂が多すぎると、育毛剤の浸透の妨げになったり、抜け毛の原因となったりしますので、シャンプーによってある程度皮脂を落として清潔にします。しかし、皮脂を落とす効果の高すぎるシャンプーなどで皮脂を落とし過ぎ、頭皮の乾燥を招くのも、頭皮の環境としてはあまり良くありません。適度に皮脂を落とす、自分に合った刺激の少ないシャンプー剤を使用しましょう。

最後に、シャンプーが頭皮に残らないように、じゅうぶんに洗い流します。
シャンプー剤が頭皮に残っていると、地肌のトラブルの原因となることもありますので、気をつけましょう。

髪の毛の乾かし方

タオルドライのときも、濡れた髪同士をタオルでこすり合わせると、髪の毛を痛ませる原因となりますので避けましょう。頭皮の水分をタオルで優しく除去するようにし、髪の毛はやさしくポンポンと丁寧に水分を除去していきます。大方の水分が除去されたら、ドライヤーを使用して乾かします。

このとき、ドライヤーで完全に髪の毛を乾かそうとしたり、ドライヤーを頭皮に近づけすぎたりすると、乾かし過ぎとなってしまいます。ドライヤーは頭皮からある程度離し、頭皮がほど良く乾かされる8分目程度の乾燥が、ドライヤー使用の目安だと言われています。また、温風で乾燥させた後に冷風を使用し、キューティクルを引き締める方が良いとされています。

頭皮からある程度水分を取り除く

乾燥のさせ過ぎは、頭皮環境としてあまり良くはありませんが、濡れた状態のままでは育毛剤の効果が十分に得られなくなってしまいます。前述の、正しい「髪の毛の乾かし方」を参考に、頭皮を適度に乾燥させてから、育毛剤を使用しましょう。

分け目をつくりながら乾かす

頭皮を適度に乾燥させるコツは、髪の毛を小分けに、分け目をつくりながら乾かすことです。髪の毛ばかりにドライヤーの風を当てても頭皮はじゅうぶんに乾燥しないばかりではなく、髪の毛の乾燥のし過ぎで痛む原因となりますので気をつけましょう。

頭皮のためのマッサージ法

育毛剤を使用するときの頭皮のマッサージは、やり方を間違えると効果がないばかりではなく、逆効果となることもあります。正しいマッサージの仕方をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

強すぎるマッサージは逆効果に

育毛剤を塗布するときやシャンプーをするときと同様に、強く摩擦するマッサージでは頭皮を傷め、抜け毛の原因となってしまいます。強い摩擦や、たたくなどの強い刺激は頭皮を傷め、こうして荒れた頭皮への育毛剤の使用で炎症を招くなど、トラブルの元ともなってしまいます。頭皮へのマッサージはやさしくを心がけ、丁寧に行いましょう。

育毛剤をつけて1〜2分後

育毛剤を塗布してすぐにマッサージをすると、成分の浸透の妨げとなってしまいます。育毛剤を塗布してから約1~2分間は置き、馴染ませて浸透を待ちます。

血行促進、薬の浸透が目的

育毛剤を塗布した後の頭皮のマッサージは、育毛剤の成分が十分に浸透することを助けたり、頭皮の血行を促進したりすることが目的です。強く摩擦したり刺激したりせず、やさしくマッサージして血行を促進し、育毛剤の浸透を高めましょう。

まとめ

育毛剤についての説明や、正しい使い方などについてお話してきました。男性型脱毛症をはじめ、薄毛に悩んでいる男性は多いものです。育毛剤は医薬部外品として、ドラッグストアやネットショップなどで手軽に入手することができ、人気があります。

しかし、せっかくの育毛剤も、間違った使い方をしていると効果が得られないだけではなく、場合によっては逆効果となってしまうこともあります。ここまでお話してきたことを参考に、正しい使い方で育毛剤を使用し、頭皮・髪の毛のケアをしてみてくださいね。