ハゲ隠し

【ハゲ隠し】芸能人もやっているバレずに薄毛を隠す方法11選

【ハゲ隠し】芸能人もやっているバレずに薄毛を隠す方法11選

髪型が変わると顔の印象まで変わって見えます。髪が薄くなってしまったり、ハゲてしまうと、自信もなくなり周囲の目線も気になってしまいますよね。

そこで今回は、ハゲてしまった時の隠し方について、どんな方法があるのかご紹介しましょう。それぞれのハゲの隠し方について、どういったメリットやデメリットがあり、費用にはどの程度かかるのかについても、合わせてご紹介していきます。

髪型を変えてハゲを隠す

①少ないところにもってくる

ハゲを隠すための一番簡単な方法は、髪型を変えてごまかす方法です。ハゲをごまかすためには、髪を短く刈り込んでしまうのが一番いい方法ではありますが、頭の形に自信がない方や、短い髪が似合わない方の場合は、なるべく短くしたくないという人もいるでしょう。その場合は、髪を伸ばして薄くなっている部分を覆い、隠してしまうという方法が有効です。

かかる費用

少ない部分に髪の毛を持ってくるだけですので、ご自分でセットすれば費用はかかりません。髪型が崩れないようにするためにヘアムースやジェル、スプレーが必要ですが、これらの整髪料はドラッグストアなどでも購入することができ、1,000円から1,500円程度で購入可能です。

美容院に出向き、髪型に付いてアドバイスを受けてから髪型を変えるというのであれは、美容院にもよりますが1万円から2万円程度の費用がかかります。

メリット・デメリット

少ないところに髪をもってくるという方法のメリットは、何より簡単で時間がかからないということ。また、美容院に行って髪を整えてもらうだけですので、費用もそれほどかかりません。

デメリットは、スポーツをした時や海やプールなど、髪を水に濡らしてしまうと髪型を維持できなくなるという点です。髪型を変えてごまかしている人は、スプレーやジェルを使ってガチガチに髪を固めてしまっている人がいますが、これもまた不自然に見えるため、かえって髪型に目が向いてしまいます。

少ないところに髪を持ってきてごまかす方法は、前髪部分が少し後退している方の場合など、それほど薄毛が気にならない方向けのハゲ隠しです。

実際にやっている有名人

髪型を変えて薄毛を隠している有名人といえば、石田純一さんが有名です。写真ではわかりにくいですが、テレビをよく見ていると前髪の薄毛を隠しているということがわかります。

このため、髪の少ない部分に髪を持ってきて隠すという方法は、そのハゲ具合によってすぐにわかってしまいますので、あまりおすすめできる方法ではありません。

②ベリーショートにする

次に簡単な方法として取り上げられるのは、ベリーショートにするという方法です。髪は長ければ長いほど薄毛を目立たせてしまいます

薄毛に悩んでいる人は、「髪を切るなんてとんでもない」と思う方も少なくありませんが、効果的にハゲている部分や薄毛を隠すためには、短くしてしまったほうが実は目立たなくなります。

髪は根元部分の方が毛先に比べて太く濃いため、髪を短くカットすることにより密度が増えて見え、その分ハゲている部分が目立たなくなります

全体的に髪が薄い方や、まだそれほど目立った部分のない方は、ベリーショートにするなど髪型を変える方法がおすすめです。

かかる費用

ベリーショートにしてハゲを隠す方法は、美容院に行くだけでできますので、費用については美容院でかかる料金のみになります。

料金はその美容院ごとによって違いますので、少ない場合は1,000円程度、比較的高い美容院に通われている方は2万円程度かかることになります。

メリット・デメリット

ベリーショートにするメリットは、ただ髪型を変えるだけですので誰にでもできるということと、何かを買い足す必要もないため、費用がそれほどかからずにすむということです。

デメリットについては、こまめにメンテナンスが必要になるため、月に一度は美容院に行く必要があるということでしょう。また、薄毛が広範囲に広がっている場合は、上手くセットできない場合があります。

実際にやっている有名人

実際にベリーショートにしてハゲや薄毛をを隠している有名人は、雨あがり決死隊の宮迫博之さんが有名です。宮迫さんに関しては、現在増毛に成功し、ヘアスタイルで隠す必要がなくなったようですが、以前はベリーショートにして髪を頭頂部に集めてハゲを隠していたようです。

③坊主・スキンヘッドにする

極端な方法ではありますが、逆の発想を用いて、ハゲを隠すためにスキンヘッドにしてしまうという方法もあります。薄毛で悩んでいるのに、髪を坊主にしてしまうのはなかなか勇気がいることですが、今は男らしいヘアスタイルとして坊主頭の人気が高まっています。

髪を不自然に伸ばしてハゲを隠したり、バレないように必死になっていると、いつも神経をとがらせていなければならず、人によってはその行動が男らしくないという印象を与えてしまいます。

しかし、思い切って坊主にしてしまえば髪型を気にすることもなくなるので、気分も明るく積極的になれます。

かかる費用

坊主やスキンヘッドにするためにかかる費用は、美容院であれば数千円程度。坊主頭はご自分でもカットできますので、その場合は費用がかかりません。

メリット・デメリット

坊主やスキンヘッドにするメリットは、何より費用がかからないことと、手間が全く分からないということです。しかし、こまめに髪をカットするなどメンテナンスは必要です。

デメリットについては、職業によっては坊主やスキンヘッドにすることができない場合があるということです。そのほか、今まで着ていた服が似合わなくなってしまったり、頭の形が悪いと似合わない人もいるため、気になる人にはおすすめできません。

実際にやっている有名人

スキンヘッドにしている有名人で最も知られているのは高橋克実さんと松山千春さんでしょう。お二人とも若かりし頃は髪を伸ばして髪型をバッチリきめていましたが、年齢を重ねるにつれ段々と髪が薄くなっていき、周りからイジられるようになったため、思い切ってスキンヘッドにしてしまったとテレビでも語っています。

今ではすっかり坊主のイメージが定着しましたが、今でも「坊主の方が格好いい」とか、「渋い!」という意見も多い成功例の代表者です。

ハゲを隠す髪型について、もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

M字ハゲを隠すおしゃれな髪型7選とセット方法!ツーブロック・パーマ・坊主で楽しもう【ダンリード】

アイテムを使ってハゲを隠す

ハゲや薄毛を隠すために帽子やかつら、ウィッグを使っている人も少なくありません。手ごろにできて時間もかからないので、お出かけするときなど、今すぐ何とかしたいという方にはおすすめの方法です。

それでは次に、ハゲや薄毛を隠すためのアイテムにはどんなものがあるのかについて紹介していきましょう。

④かつら・ウィッグをつける

かつらやウィッグをつけて、ハゲを隠す方法は昔からあり、最もポピュラーな方法の一つです。芸能人の中にもかつらを使ってハゲを隠している方もたまに見られます。

しかし、価格の安いかつらを使用すると、すぐにかつらだとバレてしまうため、選び方には注意が必要です。

昔のかつらは、帽子のようにただ頭に乗せるだけのものや、ピンで抑えるだけのものがほとんどで、ズレてしまったりピカピカ光ったりするなど不自然なものが多かったです。

現在では、病気療養中の方のために作られているものもあり、精巧な作りになっているものが多く、かつらを被ってもすぐにそれとは分かりません。

最近のかつらには、自分の髪に直接編み込んで固定する方式が採用されていますので、プールや海でのレジャーを楽しむこともでき、ちょっと見ただけではわからないようになっています。

かかる費用

どういったタイプのかつらやウィッグを選ぶかによりますが、自然に見せられる上質なかつらでは、20万円前後のものから、特に品質が良い高級なもので50万円以上するものまであります。

また、かつらはメンテナンスが必要になるため2個を用意する方も多く、その場合はさらに費用がかさむことになります。そのほか、かつらのメンテナンス費用として毎月5,000円から1万円程度の費用がかかります。

メリット・デメリット

かつらやウィッグのメリットは、すぐにハゲや薄毛を隠すことができ、手間がかからないということと、上質なものを選べば地毛と見比べてもほとんど見分けがつかないようにすることができるということです。

デメリットは、かつらには高額なものが多く、購入した後もメンテナンスを受ける必要があるため費用がかかるということです。

また、かつらのタイプによってはズレてしまうこともあり、金属を用いたものを使用している場合には、飛行機に乗る際に金属探知機のチェックが入ることもあります。

実際にやっている有名人

公表している方は多くありませんが、かつらといえば小倉智昭さんが有名です。そのほかにも小林稔侍さんや、最近では堺正章さんが、かつらをつけているということを公表して話題になりました。

⑤帽子をかぶる

根本的な解決にはなりませんが、帽子を被るという方法もハゲ隠しには有効です。ファッションとしてみせることもでき、誰でも一つは持っている帽子を被るだけですので、簡単にハゲを隠すことができます。また、髪型をセットする必要もないため、時間がとられる心配もありません。

しかし、髪がハゲているのではなく薄くなっている方の場合は、帽子を脱いだ時に髪がつぶれてしまったり、汗で濡れてハゲている部分が目立ってしまうことがありますので、一度被ると帽子を脱ぐことができなくなります。

かかる費用

費用はどういった帽子を被るのかによります。キャップであれば2,000円から4,000円程度、高いものでは2万円以上するものもあります。

メリット・デメリット

冒頭でも取り上げましたが、帽子を被ってハゲを隠すメリットは、帽子を持っていれば誰にでもでき、手軽であるということです。

また、ファッションの一部として捉えられますので、帽子を脱がなければハゲを隠していると悟られることはありません。

しかし、帽子はプライベートでしか被ることができないため、通勤時や勤務中は帽子でハゲを隠すことができないというデメリットがあります。

実際にやっている有名人

帽子やハゲを隠している有名人は、やはりファッションとして見せることができるためか、ミュージシャンに多く見られます。

例えば、DAPUMPのISSAさんなどが有名です。また、SMAPの中居正広さんも帽子を被ってテレビに出演していることが多く、帽子を脱いだ時に薄毛が目立つことから、ハゲを隠すために帽子を被っているという説があります。

⑥増毛パウダーをつける

増毛パウダーとは、スティック状の容器に入れられた、黒く色づけされたパウダーを薄毛が気になる部分に叩き込むだけで目立たなくすることができるという便利なアイテムです。

増毛パウダーを髪のある部分につけると、髪の一本一本を太く濃く見せることができるため、振りかけるだけで髪にボリュームを出すことができます。

パウダーは体に優しい成分が使用されていますので、副作用の心配もありません。カラーもブラウンや黒など、地毛の色に合わせて選ぶことができます。

かかる費用

増毛パウダーは、種類にもなりますが、だいたい5,000円程度。ドラックストアなどの市販でも購入可能です。また、通信販売でも取り扱いがありますので、地毛に近い色のものやお好みのものを選びましょう。

メリット・デメリット

増毛パウダーのメリットは、水に強いという特徴を持っていますので、雨に濡れても簡単に落ちないということです。また、髪にふりかけるだけで手軽にハゲや薄毛を隠すことができる点もメリットですね。

増毛パウダーのデメリットは、慣れないとパウダーの量を調整するのが難しいということです。あまり多くても、いかにも何かが付いているという印象になってしまいますし、逆に少ないと量が足りず十分にハゲや薄毛を隠すことができません。

色は黒や明るいブラウン、濃いブウランの中から選べますが、白髪の方の場合は、一度白髪染めで髪を黒くする必要があります。

量が多過ぎると服に付いてしまうこともありますので、特にお出かけ前には使い方に注意しましょう。

増毛スプレーはばれる?使い方と選び方・口コミ評価の高いおすすめ5選
増毛スプレーはばれる?使い方と選び方・口コミ評価の高いおすすめ5選

実際にやっている有名人

増毛パウダーを使用してハゲを隠している有名人の中では、「我が家」の坪倉さんが有名です。テレビでもよく話題にされていますが、量が多すぎて粉が飛び散ってしまったり、触ると、舞い散ってしまうことがあるそうです。

とはいえ、手軽に使用することができ価格も手頃ですので、ほかの方法でハゲや薄毛を隠しているという人でも一本持っておくとよいでしょう。

増毛・育毛してハゲを隠す

増毛は、人工的に作られた髪の毛を地毛に結び付けるという方法です。糸を使って髪の毛に編み込んでいき髪の毛を増やす方法と、特殊なシールを用いて頭皮に貼り付けていくという二つの方法があります。

これは、ハゲや薄毛のタイプによって使い分けられますので、どちらの方法にするかは専門の方に相談してみましょう。

広範囲の場合もフォローできますので、費用がかかってもハゲを解消したいという方にはおすすめの方法です。

⑦植毛する

植毛は、後頭部など髪のある部分から頭髪を採取して、薄毛が気になる部分に移植する方法です。半永久的にハゲや薄毛を解消することができ、確実に頭髪を増やすことができますので、費用にこだわらないという方にはおすすめです。

かかる費用

植毛にかかる費用は、一般的に20万円前後になります。500個の毛根に対して平均1.5本から2本程度の髪を移植していきます。

範囲が広く、毛根1,000個程度に移植する必要がある場合は、100万円から150万円程度の費用が必要になります。

メリット・デメリット

移植した部分がしっかりと定着すれば、そこから髪が生えてきますので、ハゲや薄毛を解消することが可能です。

移植した部分から髪が生えてきた場合には、半永久的に髪が生え続けることになりますので、今後薄毛やハゲで心配することがなくなります。

頭皮の移植をすることになりますので、切開した部分の手術痕が残るというデメリットがあり、だいたい100万円前後と高額な費用がかかるというデメリットもあります。

また、頭皮全体をカバーすることは不可能で、ほかの治療を同時に受ける必要があります。

植毛で失敗するとどうなる?クリニックの選び方や対策を徹底解説
植毛で失敗するとどうなる?クリニックの選び方や対策を徹底解説

実際にやっている有名人

実際に植毛を行っている有名人は中野浩一さんです。クリニックのCMにも出演しています。そのほかにも板東英二さんや、やくみつるさんもCM出演されているなど、植毛を行っている芸能人として有名です。

⑨育毛剤や発毛剤を使う

いきなり植毛や増毛はハードルが高いという人には、育毛剤や発毛剤を使うのがおすすめ。育毛剤や発毛剤には様々なタイプがあるので、自分のハゲや薄毛のタイプに合ったものを選びましょう。

育毛剤は、ノコギリヤシが入っているものがおすすめです。ノコギリヤシは天然成分ですので体にやさしく、薄毛やハゲを防ぐことが可能です。

また、ハゲていなくても少し薄毛が気になるという方は、ノコギリヤシに含まれる男性ホルモンを抑える働きで、しっかりと対策を講じておきましょう。

育毛剤&発毛剤おすすめランキング2019!薄毛の男性に本当に効く育毛剤&発毛剤を徹底比較

かかる費用

体質に合っている場合には、植毛を行わなくても育毛剤で解消される場合があります。育毛剤には、さまざまな種類がありますので、その費用についても異なります。ドラッグストアで販売されているものについては、だいたい3,000円から1万円程度のものが多く扱われています。

また、育毛剤を使用して育毛サロンに通われる場合は、数万円から数10万円の費用が必要です。

メリット・デメリット

育毛剤を使うメリットは、費用が安く抑えられるということと、体質にあえばハゲや薄毛を解消できる可能性があるということです。

ただし、体質が合わない場合は頭皮が炎症をしてしまったり、効果が現れるまで時間がかかるといったデメリットがあります。

実際にやっている有名人

育毛剤を使用してハゲを解消した芸能人の中では、雨あがり決死隊の宮里博之さんやスポーツ選手ではゴン中山さんが有名です。

育毛剤を使用して、マッサージを行ったりと努力を重ね、今ではすっかり薄毛が解消されているようです。

育毛剤や発毛剤と付随するものとして、育毛シャンプーを使うのもおすすめ。育毛シャンプー自体に発毛効果はありませんが、頭皮の環境を整え、抜け毛を防ぐ効果があります。

おすすめの育毛シャンプーを下記でまとめているので参考にしてください。

【厳選3選】2019年メンズ用おすすめ育毛シャンプー!抜け毛や薄毛に効果のあるシャンプーを徹底比較
【厳選3選】2019年メンズ用おすすめ育毛シャンプー!抜け毛や薄毛に効果のあるシャンプーを徹底比較

治療でハゲを治す

最近では、AGA治療が注目を集めています。実際にAGA治療を受けているという方も多く、ハゲや薄毛の予防にも役立っています。

医師のアドバイスを受けながら悩みを解消していけるという安心感がありますので、ハゲや薄毛に悩んでいるという方は、一度医師に相談してみてもよいでしょう。

⑩薬によるAGA治療

AGA治療とは、1日一回程度薬を服用して、男性特有の脱毛症を解消していく治療方法です。AGA治療では、プロペシアやフィナステリドなどの脱毛症の進行を遅らせる薬とともに、ミノキシジルなどの発毛を促進させる薬が処方されます。

脱毛を抑えながら発毛を促進させる薬を併用していくことにより、だいたい半年程度で効果を実感することが可能です。

かかる費用

AGA治療にかかる費用については、お薬代のみで3,000円から4,000円程度の費用が必要になります。また、発毛剤を同時に服用する必要がありますので、その場合は月々1万5,000円程度の費用がかかります。

しかし、費用についてはクリニックによって異なりますので、あくまで目安として覚えておいてください。

メリット・デメリット

AGA治療のメリットは、医師の診断のもとに治療を行えるという安心感と、医学的に効果がみられている治療方法になりますので、効果を得やすいということです。また、薬を飲むだけですので続けやすいというメリットがあります。

デメリットについては、すぐに効果を実感できるわけではないということと、場合によっては副作用の心配がありますので、誰でも服用できるというわけではありません。

また効果が表れ始めときに脱毛するという副作用があります。これはお薬が効いているという証拠でもありますが、治療途中に極端に髪の毛が薄くなってしまうという辛さに耐えなければいけません。

【AGA治療の費用】薄毛治療の期間と相場、保険適用の有無について解説
【AGA治療の費用】薄毛治療の期間と相場、保険適用の有無について解説

実際にやっている有名人

AGA治療を行ってハゲを克服した芸能人は、水道橋博士が有名です。様々な治療や対策を行ってきたというお話しをされていますが、草彅剛さんや岡村隆史さんなど、治療を受けている方は数多く、確かな効果を実感されています。

⑪頭皮に医療タトゥーを行う

あまり耳にすることはありませんが、ハゲを隠すためにヘアタトゥーという方法があるのをご存知でしょうか。これは、頭皮に細かい毛穴を描いていくことにより、髪が生えているように錯覚させる方法です。

かかる費用

ヘアタトゥーは範囲が一部分であれば20万円程度、広範囲に及ぶ場合には100万円程度の費用が必要になります。

メリット・デメリット

ヘアタトゥーはいわゆる入れ墨ですので、すべての方におすすめできる方法ではありません。

頭皮に直接毛穴を描いていくものですので、よほど近くで見ない限りはハゲであることがばれてしまう心配はありません。また、一度刺青を入れてしまえば、その後のメンテナンスの必要をもなく、色が落ちてしまう心配もありません。

ただし、費用がかかってしまううえ、かつらをかぶらない限り髪型を変えることはできませんので、ヘアタトゥーを行う前に、育毛剤やAGA治療など、そのほかの方法を試してみたうえで施術を受けましょう。

実際にやっている有名人

調べてみたところ、日本人の中にはハゲ隠しの目的でヘアタトゥーを行っている人は見当たりませんでした。やはり、一度手術を受けると落とすことが難しく、髪型を変えることも困難なため、芸能人の方にはハードルが高いようです。

まとめ

今回はハゲ隠しについて、様々な方法をご紹介しました。

ハゲを解消するためには、かつらを被ることのほかにも、医師の診断により治療を行って解消する方法や、ご自分で育毛剤を購入して治療をする方法もあります。

お薬を使用する場合は、体質によっては副作用の恐れもありますので、副作用が現れた時はすぐに服用や使用をやめ、医師の診断を受けましょう。

一つの方法で効果が得られなかったとしても、現在はいろいろな解消方法がありますので、あきらめずご自分に合った方法を探してみてください。