AGA/増毛

【AGA治療の費用】薄毛治療の期間と相場、保険適用の有無について解説

【AGA治療の費用】薄毛治療の期間と相場、保険適用の有無について解説

多くの男性が頭を悩ます薄毛。早い人では高校生や20代のうちから、額の後退や頭頂部の薄毛を実感する方もいますよね。

日本人男性の約3割はAGAによる薄毛を発症しており、20代で約1割、40代では約3割と加齢とともに発症率は上がります。

AGAの治療は早い時期から取り組むことで、抜け毛の進行を食い止めることができるのですが、AGAの治療や費用に関して不安を感じる男性も多いのではないでしょうか?

そこで、AGA治療に関する不安を払拭すべく、治療にかかる費用相場や期間、そして保険に関しても詳しく解説します

薄毛に悩んでいるがAGA治療に踏み出せないでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

AGA治療とは?

自分の薄毛はAGAかも?と悩んだ場合には、まず専門クリニックを受診して薄毛の原因を診断することが大切です。

もちろん、皮膚科を受診して診察してもらうことも可能ですが、皮膚科の場合はAGAの治療に詳しくない場合もありますし、植毛などの施術を受けることはできないからです。

額が後退してきた、頭頂部やサイドの髪の毛が徐々に薄くなってきた、という男性はAGAの可能性が高くなります。AGA以外の薄毛では、部分的な円形脱毛や頭皮環境の悪化による抜け毛の増加、病気が原因の薄毛などがありますが、それらの薄毛の治療とAGAの治療は異なります。

AGA治療ではどんな施術をするのか?

AGAの治療では、まずDHTの生成を抑える内服薬「プロペシア(フィナステリド)」の処方や、有効成分を頭皮に注射する「発毛注射」、自毛や人工毛を植える「植毛」などがあります。

これらの治療や施術は、薄毛の進行度合いや治療費の予算などによって変わってきます。

AGA治療と他の薄毛治療との違い

薄毛で悩む男性の9割がAGA(男性型脱毛症)です。残り1割はAGAとは原因が異なる薄毛です。

AGAには男性ホルモンが大きく影響します。特に、ヘアサイクルを乱すDHTという男性ホルモン。AGAの治療では、まずDHTの生成を抑える内服薬「プロペシア(フィナステリド)」の処方が多くのクリニックで採用されています。

一方でAGAではない薄毛の場合、抜け毛の原因は血行不良・毛穴の詰まりによる頭皮環境の悪化。そして、ストレスや食生活の悪化によるホルモンバランスの乱れと栄養不足などが挙げられます。中には、甲状腺や免疫疾患による抜け毛・薄毛もあります。

AGA以外の薄毛を治すには、まずは何が原因で薄毛になっているのかを知ることが重要です。頭皮環境の悪化が原因であれば、頭皮を清潔に保ち血流を良くするように対策をとることで抜け毛は減り、健康な髪の毛が育ちます。

そして、何らかの病気が原因で薄毛になっている場合は、その原因となっている病気の治療をすることが重要です。

つまり、AGAと他の薄毛では、毛が抜ける原因が根本的に異なります。AGA以外の薄毛に対してAGAの治療を行っても効果を実感することはできませんし、その逆も然りです。

AGA治療の金額の目安(相場)

気になるAGAの治療費ですが、「内服薬→発毛注射→植毛(人工毛)→植毛(自毛)」の順で高額になります

ですが、AGAでは長期にわたる継続治療が必要になり、発毛注射や植毛も1回の施術で終了ということにはなりません。

なので、治療費も含めて長いスパンでの治療計画を立てることが大切です。

AGAに保険は適用されない?

結論から言うと、AGAの治療は保険適応外です。なぜなら、AGAの治療は美容整形と同じ分類になり、AGAは生命に関わる病気とはみなされていないからです。

AGAの治療を望む人にとって、保険適応外というのは正に頭を抱えてしまいますね。

稀なケースとして、AGAの治療で医療費控除が受けられる場合があります。それは、何らかの病気が引き金となって脱毛し、AGAの治療が必要になった場合です。

こういった場合にはまず、税務署に相談して医療費控除の対象となるか判断してもらう必要があります。

ちなみに、薄毛で皮膚科を受診した場合でも、薄毛の原因がAGAであった場合には、保険がきかないのでご注意ください。

AGA治療の期間

AGAは治療を継続することで、治療効果を維持することができます。個人差はありますが、最低でも半年から1年は治療を継続しなければ、効果を実感することはできません

というのも、髪の毛には「成長期→退行期→休止期」というヘアサイクルがあります。このヘアサイクルの関係で、治療を始めたからと言ってすぐに治療効果を実感することが難しいのです。

育毛剤で髪は生えないの?

さらに、内服薬の場合だと、服用をやめた時点で薄毛が再度進行してしまう可能性が大きくなります。

というのも、AGAは体質の問題だからです。男性ホルモンの一種のDHTが抜け毛の要因となるので、AGAの治療ではDHTの働きを抑える内服薬が処方されます。ある程度の効果を実感できたからといって、服用をやめるとDHTの作用で再び薄毛が進行してしまうのです。

ただし、内服薬の量を徐々に減らすことは可能ですし、高齢になるにつれて薄毛が気にならなくなる人も多くいます。自分の気持ちや薄毛の状態と相談しながらAGAの治療をすることが大切です。

治療法別:AGA治療の費用相場

AGAの治療は継続することが大切です。1ヶ月薬を服用したからと言ってすぐに効果を実感することはできません。

なので、長期継続が可能な額で治療予算を立てる必要があります。また、診察料として別途3,000~5,000円かかるクリニックもありますので、そちらも併せて予算を組むようにしましょう。

AGAのメイン治療となる、飲み薬・発毛注射・植毛に関して治療費用の相場を紹介しますので、参考にして下さい。

飲み薬の相場

AGA治療で使われる飲み薬は主に2種類あります。発毛促進としてミノキシジル等、脱毛抑制としてフィナステリド、デュタステリド等です。

これらを1ヶ月分処方してもらう場合、約15,000~17,000円が相場となっています。これは、あくまでも相場であり治療予算や薬の組み合わせ方により、AGA治療の費用は変わってきます。

発毛注射の相場

発毛注射にはメソセラピーとHARG療法があります。この2つの違いは注射液に含まれる成分の違いで、再生医療と言われるHARG療法の方が治療費は高くなります。

発毛注射の費用相場は1回約50,000~120,000円となっています。ただし、発毛注射の場合は月に一度の注射を6回することでワンクールとなるため、最低でも50,000~120,000円×6回の費用が必要となります。

さらに、飲み薬と併用する場合は「発毛注射+飲み薬」の費用がかかることになります。

植毛の相場

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛の2種類があり、自毛植毛の方が費用は高くなります。自毛植毛では、AGAの影響が出ない後頭部や側頭部の健康な毛根を、薄毛となっている部分に移植する植毛法です。

自分の健康な毛根を移植するので、人工毛植毛に比べて拒絶反応を起こさないというメリットがあります。そのため、AGA治療の植毛では、自毛植毛がメインになっているのが現状です。

また、自毛植毛の費用は植毛するグラフト(毛穴)の数によって異なります。一つの目安となるのが1,000グラフトです。ちなみに、1グラフト(1つの毛穴)につき、2~4本の髪の毛を植えることができます。

大まかな目安として1,000グラフトで100万円前後の費用がかかります。中には、40万円前後で1,000グラフトの自毛植毛をできるクリニックもありますが、多くのクリニックでは100万円前後が目安と言えます。

飲み薬や発毛注射に比べると、自毛植毛にかかる費用は桁違いです。ですが、自毛植毛をすると、継続治療の必要がないので、長い目で見ると割安と言えます。

失敗しないAGAクリニック選びのポイント

AGAの治療を始めるにあたって、一番重要とも言えるのが、クリニック選びです。数多くあるAGAクリニックの中から、自分に最適なクリニックを選ぶためのポイントをご紹介します。

AGAクリニックに通い始めたのはいいが、継続して通うことが難しい、思ったよりも費用がかかり過ぎる・・・なんて事態にならないためにもぜひ参考にして下さい。

まずは無料相談

AGAの治療を始める前に、まずは自分の薄毛が本当にAGAなのかを診断してもらう必要があります。そのためには、カウンセリングを受ける必要があるのですが、カウンセリングを無料でおこなっているAGAクリニックを選ぶようにしましょう。

なぜなら、AGAの治療を進めるにあたってカウンセリングは欠かせないものですし、薄毛の原因がAGAではなかった場合、いくら治療をしても効果を得ることができないからです。

しっかりとしたカウンセリングを行い、患者の意向や予算を丁寧に聞き取ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

運営歴の長さ・治療実績の多さ

AGAクリニックに限らず、運営歴が長いということは、それだけ顧客がいて、顧客から評価されているということ。また、治療実績の多さにも繋がります。治療費が高額になるAGA治療の場合、効果的な治療を継続して受けることが重要です。

治療実績の豊富なクリニックでは、AGA患者の治療前・治療後、植毛前・後など、資料も豊富にそろっているので、治療を始める際の目安となるほか、モチベーションアップにも繋がります。

一方、新規オープンのクリニックでは、AGA治療を始めたのはいいが、すぐに閉院してしまった…、という事態も起こり得ます。また、治療実績はこれからつくり上げていくということになるので、治療に関する豊富な資料を参考にして治療を進めるのは難しいと言えるでしょう。

なので、AGAクリニックを選ぶ際には運営歴が長く、治療実績の豊富なクリニックを選ぶことが重要です。

継続して通える

AGA治療は長期継続が必要になります。なので、クリニックが通いやすい環境にあるかどうかは意外と重要です。というのも、交通の便が悪かったり、余りにも自分の生活圏内から離れていると、どうしても足が遠のいてしまうからです。

長期にわたり、定期的に通うことを考えて、交通費や時間が負担とならないようなクリニックを探してみましょう。

予算に合うクリニック

継続して通えるクリニックの項と通じるものがありますが、AGA治療を始める上で、予算を立てることはとても重要です。AGA治療は基本、保険のきかない自由診療となっています。なので、治療費はクリニックによって差があります。

いくら魅力的なクリニックでも、どう考えても予算オーバーという場合では継続治療が難しくなってしまいます。AGA治療で、最も大切なのは継続治療です。継続して治療を受けるためにも、自分の予算に合ったクリニックを選ぶことはとても大切です。

相談しやすい医師がいる

AGA治療で欠かすことができないのがカウンセリングです。薄毛に関しての治療を受けるのですから、普段は話題にしづらい薄毛のことを相談しなければなりません。

心から親身になって自分の悩みを聞いてくれる、自分の薄毛の状態を的確に把握し治療してくれる、という信頼関係を築くことのできる医師がいるクリニックを探すことが重要です。

そのためにも、無料カウンセリングを利用して、有力候補のクリニックを幾つかあたってみる、という方法もあります

AGA治療の評判がいいクリニック3選

AGA治療を始めたい、と思っても、クリニック選びに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、確かな発毛実感率を誇るAGAクリニック3つをご紹介します。

ご紹介するクリニックでは、初回カウンセリングが無料になっていますので、気になるクリニックがあれば、カウンセリングに行ってみましょう

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGAクリニックの中でも最大手と言える「AGAクリニック」。AGA治療に的を絞った専門クリニックで、患者の発毛実感率は驚異の99,4%!

全国に51の提携院があり、全院が最寄り駅近くという通院のしやすさも魅力的です。また、忙しくて受診することができない人や、生活圏内にAGAクリニックがないという人のために、遠隔診療もおこなっています。

オリジナル発毛薬「Rebirth」を使った治療にかかる費用の目安は、内服薬14,000円~22,000円/外用薬14,000円(税抜き)、オリジナル発毛カクテル使用の発毛注射では1回2cc 50,000円 /4cc 70,000円(税抜き)となっています。

公式サイト

湘南美容クリニック

多くの男性が頭を悩ます薄毛。早い人では高校生や20代のうちから、額の後退や頭頂部の薄毛を実感する方もいますよね。日本人男性の約3割はAGAによる薄毛を発症しており、20代で約1割、40代では約3割と加齢とともに発症率は上がります。AGAの治療は早い時期から取り組むことで、抜け毛の進行を食い止めることができるのですが、AGAの治療や費用に関して不安を感じる男性も多いのではないでしょうか?そこで、AGA治療に関する不安を払拭すべく、治療にかかる費用相場や期間、そして保険に関しても詳しく解説します。薄毛に悩んでいるがAGA治療に踏み出せないでいる方は、ぜひ参考にして下さい。AGA治療とは?自分の薄毛はAGAかも?と悩んだ場合には、まず専門クリニックを受診して薄毛の原因を診断することが大切です。もちろん、皮膚科を受診して診察してもらうことも可能ですが、皮膚科の場合はAGAの治療に詳しくない場合もありますし、植毛などの施術を受けることはできないからです。額が後退してきた、頭頂部やサイドの髪の毛が徐々に薄くなってきた、という男性はAGAの可能性が高くなります。AGA以外の薄毛では、部分的な円形脱毛や頭皮環境の悪化による抜け毛の増加、病気が原因の薄毛などがありますが、それらの薄毛の治療とAGAの治療は異なります。AGA治療ではどんな施術をするのか?AGAの治療では、まずDHTの生成を抑える内服薬「プロペシア(フィナステリド)」の処方や、有効成分を頭皮に注射する「発毛注射」、自毛や人工毛を植える「植毛」などがあります。これらの治療や施術は、薄毛の進行度合いや治療費の予算などによって変わってきます。AGA治療と他の薄毛治療との違い薄毛で悩む男性の9割がAGA(男性型脱毛症)です。残り1割はAGAとは原因が異なる薄毛です。AGAには男性ホルモンが大きく影響します。特に、ヘアサイクルを乱すDHTという男性ホルモン。AGAの治療では、まずDHTの生成を抑える内服薬「プロペシア(フィナステリド)」の処方が多くのクリニックで採用されています。一方でAGAではない薄毛の場合、抜け毛の原因は血行不良・毛穴の詰まりによる頭皮環境の悪化。そして、ストレスや食生活の悪化によるホルモンバランスの乱れと栄養不足などが挙げられます。中には、甲状腺や免疫疾患による抜け毛・薄毛もあります。AGA以外の薄毛を治すには、まずは何が原因で薄毛になっているのかを知ることが重要です。頭皮環境の悪化が原因であれば、頭皮を清潔に保ち血流を良くするように対策をとることで抜け毛は減り、健康な髪の毛が育ちます。そして、何らかの病気が原因で薄毛になっている場合は、その原因となっている病気の治療をすることが重要です。つまり、AGAと他の薄毛では、毛が抜ける原因が根本的に異なります。AGA以外の薄毛に対してAGAの治療を行っても効果を実感することはできませんし、その逆も然りです。AGA治療の金額の目安(相場)気になるAGAの治療費ですが、「内服薬→発毛注射→植毛(人工毛)→植毛(自毛)」の順で高額になります。ですが、AGAでは長期にわたる継続治療が必要になり、発毛注射や植毛も1回の施術で終了ということにはなりません。なので、治療費も含めて長いスパンでの治療計画を立てることが大切です。AGAに保険は適用されない?結論から言うと、AGAの治療は保険適応外です。なぜなら、AGAの治療は美容整形と同じ分類になり、AGAは生命に関わる病気とはみなされていないからです。AGAの治療を望む人にとって、保険適応外というのは正に頭を抱えてしまいますね。稀なケースとして、AGAの治療で医療費控除が受けられる場合があります。それは、何らかの病気が引き金となって脱毛し、AGAの治療が必要になった場合です。こういった場合にはまず、税務署に相談して医療費控除の対象となるか判断してもらう必要があります。ちなみに、薄毛で皮膚科を受診した場合でも、薄毛の原因がAGAであった場合には、保険がきかないのでご注意ください。AGA治療の期間AGAは治療を継続することで、治療効果を維持することができます。個人差はありますが、最低でも半年から1年は治療を継続しなければ、効果を実感することはできません。というのも、髪の毛には「成長期→退行期→休止期」というヘアサイクルがあります。このヘアサイクルの関係で、治療を始めたからと言ってすぐに治療効果を実感することが難しいのです。さらに、内服薬の場合だと、服用をやめた時点で薄毛が再度進行してしまう可能性が大きくなります。というのも、AGAは体質の問題だからです。男性ホルモンの一種のDHTが抜け毛の要因となるので、AGAの治療ではDHTの働きを抑える内服薬が処方されます。ある程度の効果を実感できたからといって、服用をやめるとDHTの作用で再び薄毛が進行してしまうのです。ただし、内服薬の量を徐々に減らすことは可能ですし、高齢になるにつれて薄毛が気にならなくなる人も多くいます。自分の気持ちや薄毛の状態と相談しながらAGAの治療をすることが大切です。治療法別:AGA治療の費用相場AGAの治療は継続することが大切です。1ヶ月薬を服用したからと言ってすぐに効果を実感することはできません。なので、長期継続が可能な額で治療予算を立てる必要があります。また、診察料として別途3,000~5,000円かかるクリニックもありますので、そちらも併せて予算を組むようにしましょう。AGAのメイン治療となる、飲み薬・発毛注射・植毛に関して治療費用の相場を紹介しますので、参考にして下さい。飲み薬の相場AGA治療で使われる飲み薬は主に2種類あります。発毛促進としてミノキシジル等、脱毛抑制としてフィナステリド、デュタステリド等です。これらを1ヶ月分処方してもらう場合、約15,000~17,000円が相場となっています。これは、あくまでも相場であり治療予算や薬の組み合わせ方により、AGA治療の費用は変わってきます。発毛注射の相場発毛注射にはメソセラピーとHARG療法があります。この2つの違いは注射液に含まれる成分の違いで、再生医療と言われるHARG療法の方が治療費は高くなります。発毛注射の費用相場は1回約50,000~120,000円となっています。ただし、発毛注射の場合は月に一度の注射を6回することでワンクールとなるため、最低でも50,000~120,000円×6回の費用が必要となります。さらに、飲み薬と併用する場合は「発毛注射+飲み薬」の費用がかかることになります。植毛の相場植毛には、人工毛植毛と自毛植毛の2種類があり、自毛植毛の方が費用は高くなります。自毛植毛では、AGAの影響が出ない後頭部や側頭部の健康な毛根を、薄毛となっている部分に移植する植毛法です。自分の健康な毛根を移植するので、人工毛植毛に比べて拒絶反応を起こさないというメリットがあります。そのため、AGA治療の植毛では、自毛植毛がメインになっているのが現状です。また、自毛植毛の費用は植毛するグラフト(毛穴)の数によって異なります。一つの目安となるのが1,000グラフトです。ちなみに、1グラフト(1つの毛穴)につき、2~4本の髪の毛を植えることができます。大まかな目安として1,000グラフトで100万円前後の費用がかかります。中には、40万円前後で1,000グラフトの自毛植毛をできるクリニックもありますが、多くのクリニックでは100万円前後が目安と言えます。飲み薬や発毛注射に比べると、自毛植毛にかかる費用は桁違いです。ですが、自毛植毛をすると、継続治療の必要がないので、長い目で見ると割安と言えます。失敗しないAGAクリニック選びのポイントAGAの治療を始めるにあたって、一番重要とも言えるのが、クリニック選びです。数多くあるAGAクリニックの中から、自分に最適なクリニックを選ぶためのポイントをご紹介します。AGAクリニックに通い始めたのはいいが、継続して通うことが難しい、思ったよりも費用がかかり過ぎる・・・なんて事態にならないためにもぜひ参考にして下さい。まずは無料相談AGAの治療を始める前に、まずは自分の薄毛が本当にAGAなのかを診断してもらう必要があります。そのためには、カウンセリングを受ける必要があるのですが、カウンセリングを無料でおこなっているAGAクリニックを選ぶようにしましょう。なぜなら、AGAの治療を進めるにあたってカウンセリングは欠かせないものですし、薄毛の原因がAGAではなかった場合、いくら治療をしても効果を得ることができないからです。しっかりとしたカウンセリングを行い、患者の意向や予算を丁寧に聞き取ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。運営歴の長さ・治療実績の多さAGAクリニックに限らず、運営歴が長いということは、それだけ顧客がいて、顧客から評価されているということ。また、治療実績の多さにも繋がります。治療費が高額になるAGA治療の場合、効果的な治療を継続して受けることが重要です。治療実績の豊富なクリニックでは、AGA患者の治療前・治療後、植毛前・後など、資料も豊富にそろっているので、治療を始める際の目安となるほか、モチベーションアップにも繋がります。一方、新規オープンのクリニックでは、AGA治療を始めたのはいいが、すぐに閉院してしまった…、という事態も起こり得ます。また、治療実績はこれからつくり上げていくということになるので、治療に関する豊富な資料を参考にして治療を進めるのは難しいと言えるでしょう。なので、AGAクリニックを選ぶ際には運営歴が長く、治療実績の豊富なクリニックを選ぶことが重要です。継続して通えるAGA治療は長期継続が必要になります。なので、クリニックが通いやすい環境にあるかどうかは意外と重要です。というのも、交通の便が悪かったり、余りにも自分の生活圏内から離れていると、どうしても足が遠のいてしまうからです。長期にわたり、定期的に通うことを考えて、交通費や時間が負担とならないようなクリニックを探してみましょう。予算に合うクリニック継続して通えるクリニックの項と通じるものがありますが、AGA治療を始める上で、予算を立てることはとても重要です。AGA治療は基本、保険のきかない自由診療となっています。なので、治療費はクリニックによって差があります。いくら魅力的なクリニックでも、どう考えても予算オーバーという場合では継続治療が難しくなってしまいます。AGA治療で、最も大切なのは継続治療です。継続して治療を受けるためにも、自分の予算に合ったクリニックを選ぶことはとても大切です。相談しやすい医師がいるAGA治療で欠かすことができないのがカウンセリングです。薄毛に関しての治療を受けるのですから、普段は話題にしづらい薄毛のことを相談しなければなりません。心から親身になって自分の悩みを聞いてくれる、自分の薄毛の状態を的確に把握し治療してくれる、という信頼関係を築くことのできる医師がいるクリニックを探すことが重要です。そのためにも、無料カウンセリングを利用して、有力候補のクリニックを幾つかあたってみる、という方法もあります。AGA治療の評判がいいクリニック3選AGA治療を始めたい、と思っても、クリニック選びに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、確かな発毛実感率を誇るAGAクリニック3つをご紹介します。ご紹介するクリニックでは、初回カウンセリングが無料になっていますので、気になるクリニックがあれば、カウンセリングに行ってみましょう。AGAスキンクリニックAGAクリニックの中でも最大手と言える「AGAクリニック」。AGA治療に的を絞った専門クリニックで、患者の発毛実感率は驚異の99,4%!全国に51の提携院があり、全院が最寄り駅近くという通院のしやすさも魅力的です。また、忙しくて受診することができない人や、生活圏内にAGAクリニックがないという人のために、遠隔診療もおこなっています。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使った治療にかかる費用の目安は、内服薬14,000円~22,000円/外用薬14,000円(税抜き)、オリジナル発毛カクテル使用の発毛注射では1回2cc 50,000円 /4cc 70,000円(税抜き)となっています。公式サイト湘南美容クリニック

全国で56院を展開している湘南美容クリニックは、以前の「AGAルネッサンスクリニック」です。AGAルネッサンスクリニックといえば、AGA専門クリニックの中でも最大手なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

クリニック名は変わりましたが、その治療実績は従来通りで、多くのAGA患者から支持されています。

湘南美容クリニックの特徴は、何と言ってもリーズナブル感。初回の無料カウンセリングはもちろんのこと、初期費用も無料となっています。さらに、1か月あたりの料金を税込みで3,000円~と驚きの価格設定。

また、植毛ロボットARTASによる自毛植毛はより確実な毛根採取を可能にしました。

費用目安として、オリジナル治療薬「HRタブレットAi」は初回限定で1,800円(税込み)、2回目以降3,000円、プロペシア錠1ヶ月分で初回限定4,200円、2回目以降6,000円となっています。

発毛注射で1番リーズナブルなクイックメソでは1回の費用が19,800円と発毛注射では驚きの価格となっています。

公式サイト

アゲインメディカルクリニック

アゲインメディカルクリニック

アゲインメディカルクリニックの最大の特徴は、20・30代でAGAに悩む方を専門としていることです。早いうちに治療することで、確かな効果を実感することができ、その発毛実績は99%!しかも、納得した発毛効果を得られなければ、返金保証を受けることができます。

治療は、内用薬・外用薬・メソセラピーの3種類のみに限定しており、無料カウンセリングの他、初診料と血液検査も無料となっています。

費用の目安として、プロペシア初回1ヶ月分4,200円(税抜き)、オーダーメイド治療薬1ヶ月分20,000円~、AGAINメソセラピー1ヶ月60,000円~となっています。

ちなみに、アゲインメディカルクリニックは、秋葉原と八重洲の2ヶ所のみの展開となっています。

公式サイト

AGA治療で改善できなかった人の3つのパターン

期待を持って始めるAGA治療ですが、中には効果を実感できない、薄毛が改善されなかったという人がいるのも事実です。

では、薄毛が改善された人とされなかった人の違いは何でしょうか?幾つか考えられる要因があるので、ご紹介いたします。

治療期間が短い

AGA治療で効果を実感できなかったという場合、効果が出る前に治療を中断してしまったというケースがもっとも多いです。

AGAによる薄毛治療では、効果を実感するまでに早くても3ヶ月はかかります。また、通常であれば半年から1年は効果が出るまでに時間がかかります。

効果が出るまでの期間、治療を継続できずに挫折してしまう人も多いのです。

繰り返しになりますが、AGAの治療は飲み薬の服用と外用薬の塗布がメインで、抜け毛を抑える薬と、健康な髪の毛を生やして育てる薬です。ただし、髪の毛にはヘアサイクルがあるため、これらの薬を服用したからといって、すぐに効果を実感できるわけではありません。

健康な髪の毛だと「成長期→退行期→休止期」というヘアサイクルを2年~6年かけて1周します。ですが、AGAの場合は本来であれば、髪の毛が成長する「成長期」の期間が短くなっています。

つまり、髪の毛が健康に育つ前に細く短い状態で抜け落ちてしまうのです。

AGA治療で薬を服用することにより、短くなってしまったヘアサイクルの「成長期」を少しでも正常な状態にもどすため働くのです。

なので、AGA治療の効果を得るには長期的な継続治療が必要になるのです。

遺伝の影響が強い

AGAは遺伝による影響も大きいのですが、AGA治療に使われる薬が効きやすいタイプとそうではないタイプがあります。

AGA治療に使われることが多い、「プロペシア」。この薬は、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。5αリダクターゼとは、抜け毛に直接関与する還元酵素です。この5αリダクターゼの活性力の強さは遺伝します。そして、活性力が高いほど、どんどん抜け毛は進行します。

プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害してくれるので、5αリダクターゼが原因となっている薄毛の場合には、プロペシアを服用することで「抜け毛が減った」と実感できるのです。

一方で、薄毛の原因が「アンドロゲンレセプターの感度」の場合、プロペシアの効果をあまり実感することができません。とは言っても、プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害してくれるので、服用しないよりは、服用した方が抜け毛は減ります。

そして、このアンドロゲンレセプターの感度の高さは、母方からの遺伝となります。母方のおじいさんが薄毛だ…という場合には、プロペシアの効果を実感しづらいタイプのAGAである可能性が高くなる、ということを覚えておきましょう。

髪の寿命が短い

治療期間が短いと、治療効果を実感することができない、ということは先の項目でも説明しました。ですが、決められた用法用量で薬を使用しているのに、抜け毛が減らず健康な髪の毛は生えてこない、という場合もあります。

これは、薬の効果は20代~40代の比較的若い世代で効果が出やすく、50代以降になると加齢の影響もあっていまいち効果を実感しにくいからです。

薬によるAGA治療を続けても、効果を実感できない場合には、自毛植毛を検討するといいでしょう。

AGA治療以外の薄毛対策

AGAは、基本早めに治療を始めることで薄毛の進行を食い止めることができるのですが、まずは、手間とお金をかけずに薄毛対策したい!という方のために、おすすめの薄毛対策をご紹介いたします。

シャンプーで薄毛対策

AGAの薄毛に限らず、健康な髪の毛は健康な頭皮から育ちます。そのため、健康な頭皮環境を保つことはとても重要です。

頭皮の汚れをしっかりと落としつつも、頭皮が乾燥してしまわないように保湿効果もあるシャンプーを選びましょう。AGAによる薄毛の方におすすめなのは、アミノ酸シャンプーです

アミノ酸シャンプーは刺激が少なく、適度な洗浄力があります。適度な洗浄力とは、汚れを落としつつも、頭皮に必要な皮脂までは洗い流さない、というものです。

洗浄力が高いものは、爽快感を感じることができますが、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまう場合があるので注意が必要です。

また、シャンプーの際には洗髪方法にも気を使いましょう。理想的な洗髪手順としては、

ブラッシング→お湯で余洗い→手のひらでシャンプーを泡立てる→指の腹で頭皮をマッサージしながらシャンプー→洗い流す

となります。

文字にすると、手順が多く感じてしまいますが毎日の習慣となれば、手間に感じることはありませんよ。

さらに、シャンプーする時に気を付けてほしいポイントとして、頭皮に爪で傷つけない、過剰な摩擦を加えない、そしてシャンプー剤が頭皮や髪の毛に残らないようにしっかりと洗い流すことです。

洗髪後には、タオルに水分を吸収させてドライヤーをかけましょう。男性の場合は自然乾燥が習慣となっている方も多いと思いますが、濡れたままの髪の毛は傷みやすく、頭皮にも菌が繁殖しやすくなっています。

なので、ドライヤーを使って乾かす習慣をつけましょう。また、ドライヤーで気を付けるポイントは、熱風を長時間あてないこと、そして8割方乾いたら冷風に切り替えることです。

AGAによる薄毛の場合、シャンプーで薄毛の進行を止めることはできません。ですが、頭皮環境が悪いと、抜け毛を加速させてしまう要因ともなります。頭皮に優しいシャンプーと正しい洗髪で健康な頭皮環境を維持するようにしましょう。

【厳選3選】2019年メンズ用おすすめ育毛シャンプー!抜け毛や薄毛に効果のあるシャンプーを徹底比較
【厳選3選】2019年メンズ用おすすめ育毛シャンプー!抜け毛や薄毛に効果のあるシャンプーを徹底比較

育毛剤を使って薄毛予防

手軽にできる薄毛対策として、育毛剤を使うのも効果的。AGA治療とは異なり、医師の診察がなくても購入ができるので、ドラッグストやAmazonなどの市販でも手軽に手に入れることができます。

また、育毛剤には髪を生やす効果はありませんが、頭皮の環境を整えてヘアサイクルを正常に戻す効果があるので、本格的な薄毛対策の1歩手前に取り組むものとしておすすめです。

数多くある育毛剤の中で、どれを選べばいいかわからないという方は、以下の記事でおすすめの育毛剤をまとめていますので、参考にしてください。

育毛剤&発毛剤おすすめランキング2019!薄毛の男性に本当に効く育毛剤&発毛剤を徹底比較

飲み薬で薄毛予防

AGA治療に使われる飲み薬は、ドラッグストアなどで購入することはできません。というのも、AGA治療に使われる薬は医師が患者を診察し、症状に合わせて処方する必要のあるものだからです。

正しい用法用量で服用しても、副作用がでる場合もあるからです。ネットなどでの個人輸入などもありますが、その場合は全てにおいて自己責任となるので注意が必要です。

また、薄毛予防として手軽に摂ることができるのがサプリメントです。サプリメントは栄養素を補うものなので、AGAによる薄毛を治すものではありません。あくまでも抜け毛予防のために、不足しがちな栄養素を補う目的で利用しましょう。

抜け毛予防のために、積極的に摂りたい成分を挙げると、亜鉛・アミノ酸・ビタミン類・ノコギリヤシ・ミレットエキス、などです。

食生活に気を配りながらも、不足しがちな栄養素をサプリで手軽に補ってみましょう。

まとめ

日本人男性の約3割が発症するAGA。多くの男性が抱える悩みでありながら、治療は保険適応外です。

そのため、治療費は高額になることがほとんどで、治療に二の足を踏んでしまう方が多いのではないでしょうか?ですが、AGA治療は早いうちに開始した方が効果を実感することができます。

今回ご紹介したクリニックでは、無料カウンセリングを行っていますので、気になる方はぜひ試してみてください。

AGA治療にかける時間とお金がないという方には、シャンプーやサプリメントなどもおすすめです。